導入時の注意点

マイクロスコープ

総額で比較する

簡単なmicroscopeは比較的リーズナブルな価格でも販売されていますが、パワーのある機種になると相当な高額になるため、用途に応じて慎重に選ぶ必要があります。購入してすぐに使用できるオールインワン型のmicroscopeがある一方、モニターやソフトが別売になっている場合もあります。モニターとの相性が悪ければ性能を十分に発揮できないことがあり、追加費用で予算をオーバーしてしまう可能性も考えられます。まず表示価格に何が含まれているのか確認し、オプションを含めた総額で比較することが大切です。場合によっては中古品を購入するという選択肢もあるでしょう。設置スペースに余裕があるかどうかも確かめておきましょう。microscopeは大型で重量も大きく、既存の建物に入りきらなかったり、動線の邪魔になったりすることがあります。せっかく高性能な機種を導入しても、作業効率を阻害しては逆効果になります。もちろん性能や倍率は、目的とする作業に必要十分であることが最低限の条件です。予算が少ないからといって低倍率のmicroscopeを購入してしまうと、作業の役に立たず結局無駄な買い物になる恐れがあります。倍率だけでなく視野が明るいかどうか、立体的に見えるかどうかなども確認する必要があります。購入の前に一定期間microscopeをレンタルしてくれる業者もあるので、もし試用できるなら参考にすると良いでしょう。

Copyright© 2017 精密調査に必要不可欠なアイテム!マイクロスコープの役割と拡大倍率 All Rights Reserved.