工業や科学で使う製品

実験道具

製品の費用について

マイクロスコープは、工業分野や科学分野で利用されている拡大装置です。マイクロスコープをパソコンやテレビのモニターに接続することで、拡大した対象を映し出すことができます。顕微鏡のように一人で覗き込むのではなく大人数で観察できることから、会議や研究の場で高く評価されています。また、3Dで表示することもできるため、より細かく対象を見たい時に最適です。パソコンに画像を取り込めば、色彩調整などの編集を施すことも可能です。記録させることで、後から見直す作業が楽になります。実際の現場では、不良品のチェックなどに活用されています。それでは、マイクロスコープを購入する際にはどのくらいの費用が必要になるのでしょうか。マイクロスコープは、様々なパーツで構成されている製品です。本体となる拡大表示装置や高画質カメラをはじめとして、接続のためのケーブルや照明も含まれます。また、対象を拡大するためのレンズも必要です。レンズについては、色々な倍率に対応することができるように複数の種類を用意しなければなりません。レンズの価格については、倍率によって異なります。一般的には、全てのパーツがセットになっている製品が主流です。マイクロスコープのセットは一般的に数十万円程度の価格がつけられていますが、高額なものになると百万円近い値がつけられることも珍しくありません。高額になればなるほど、高画質カメラの性能が良かったりレンズの倍率が豊富にそろっているなどのメリットがあります。

Copyright© 2017 精密調査に必要不可欠なアイテム!マイクロスコープの役割と拡大倍率 All Rights Reserved.